• ドメイン取得を考えたときに候補とすべき文字列は

    • ドメイン取得を考える場合、どのような文字列のものを候補にすればいいのでしょうか。
      ドメインは先に取ったものが優先なので、いい配列を考えついたとしても取得できない可能性がありますが、それはひとまず無視するというのであれば、できるだけ短いものが基本になります。

      ただ、基本的に三文字までのドメインはどのような文字の組み合わせであっても、ほぼ100パーセント取得されていると考えた方がいいでしょう。


      なので、四文字ぐらいのドメインが取得できるものの中ではもっとも短いということになります。



      次に文字の配列は、運営するウェブサイトのテーマと合わせるようにしましょう。たとえば、有名人のファンサイトであれば、その有名人の名前やつながりのある言葉をドメインにすると、アクセスする人がわかりやすく、インパクトのあるものになります。

      レンタルサーバーについての情報ならこのサイトです。

      ドメインはアルファベットだけではなく数字を使うこともできるので、選手名のドメインが先に取得されていたのであれば、選手名と背番号をつけたドメイン取得を行うというのも可能です。

      そして、もっとも重要といえるのがトップレベルドメインとしてなにを選ぶべきかというものです。


      トップレベルドメインとは、ドメインの種類を表す文字列のことで、comやnet、orgといったものがあります。
      もっとも一般的といえるのがcomであり、ドメインを示すものとして一般的に周知されているので使う人が多いです。

      BIGLOBEニュースの情報を簡単に探すことができます。

      ただ、comでドメイン取得をする人が多い分、希望する文字列で取得できないことが多いので、その場合はnetなど、ほかのものも考慮するといいでしょう。

  • 関連リンク

    • 国別ドメイン取得のメリットとは

      トップレベルドメインとして昔からよく知られているのはcomやnetで利用者も多いですが、最近は国別ドメインを利用する人も増えています。では、国別ドメインを使うメリットにはどのようなものがあるでしょうか。...

    • 既に利用者がいる文字列のドメイン取得

      ほしい綴りのドメインをとっくの昔に誰かに取得されてしまっているということは決して珍しいことではありません。むしろ、ほしいと思いつくようなものであれば、何年も前に取られてしまっているのが当たり前といえるでしょう。...