• 既に利用者がいる文字列のドメイン取得

    • ほしい綴りのドメインをとっくの昔に誰かに取得されてしまっているということは決して珍しいことではありません。
      むしろ、ほしいと思いつくようなものであれば、何年も前に取られてしまっているのが当たり前といえるでしょう。
      ただ、既にドメイン取得されてしまっていたとしても、今後、自分が使える可能性はゼロかというと、そんなことはありません。



      たとえば、現在の持ち主に譲ってもらうという方法があります。



      個人と会社、あるいは個人同士だったり会社同士でのドメイン売買というのは昔からよく行われていることであり、短くて覚えやすい綴りのドメインを持っていると、いくらで譲ってほしいという海外からのメールを送られることもあります。

      なので、売ってくれるかどうかはさておき、まず、現在の持ち主に譲ってくれるかどうかメールで尋ねてみるといいでしょう。


      連絡先は、誰でも見られるドメインの登録状況からわかります。

      NAVERまとめに関する情報が満載のサイトです。

      また、ドメインの有効期限切れを待って、ドメイン取得を行うという方法もあります。

      ドメインは持ち続けるのであれば一年ごとに手数料を支払う必要がありますが、使わないのであればその手数料は無駄なものになるので、支払わずに失効させてしまうことも多いのです。失効になったものを取得すれば、所持している人から買うのではなく、普通のドメイン取得と変わらないので、あまりお金がかからずに済みます。

      ただ、わかりやすくインパクトのあるドメインが失効する場合、オークション形式で次の利用者が決まることもあり、簡単に手に入るわけではありません。

  • 関連リンク

    • 保育士がドメイン取得を目指す理由

      ウェブサイトにおける住所とも言えるのがドメインですが、ドメイン取得に際しては業者側から提供されるものと個人的に得る二通りがあります。業者側から得た方が負担や出費が少ないのですが、あえて個人的にドメイン取得すると得られる良い恩恵が存在します。...

    • ドメイン取得にはどれぐらいの時間がかかるのか

      様々な理由により、今すぐにでもドメイン取得を行いたいという場合、実際にどれぐらいの時間で取得可能なのでしょうか。昔はドメイン販売会社に書類を送って取得をするということもあったので、その場合は数日以上かかりましたが、現在はリアルタイムでのドメイン取得が可能です。...